スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

割引郵便制度悪用 守田被告2審も有罪、大阪高裁(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度を悪用し、郵便料金約19億8千万円の支払いを免れたとして、郵便法違反などの罪に問われた障害者団体「白山会」会長、守田義國被告(70)の控訴審判決公判が17日、大阪高裁であった。湯川哲嗣裁判長は、懲役1年、執行猶予3年、罰金3240万円(求刑懲役1年、罰金3240万円)とした1審判決を破棄し、懲役1年、執行猶予3年、罰金3210万円を言い渡した。

 湯川裁判長は判決理由で、「同一の機会における犯行はすべて包括一罪にすべきだ」と指摘。「一部を併合罪とした1審判決には法令適用の誤りがある」と述べて罰金を減額した。

 判決によると、守田被告は平成18~20年、団体の定期刊行物に大手家電量販店「ベスト電器」(福岡市)などのパンフレットを同封したダイレクトメールを発送するなどした。

【関連記事】
石井議員、口利き「全くない」意表突かれる場面も
民主議員が郵便制度悪用事件報道で朝日新聞社を訴える
障害者団体「白山会」会長に有罪判決 郵便不正事件
郵便不正 障害者団体会長に懲役1年を求刑
東京都でも証明書偽造か 「凛の会」関係団体がDM
20年後、日本はありますか?

<火災>民家焼き幼い兄弟死傷 北九州(毎日新聞)
仲井真知事「陸上案はベクトルが逆」 普天間問題、平野官房長官と会談(産経新聞)
子ども手当 母親のホンネ 歓迎、家計が助かる/不安、将来しわ寄せ(産経新聞)
「結核に関する特定感染症予防指針」見直しへ(医療介護CBニュース)
相次ぐ不祥事、東京医大理事の大半が辞表(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

main_line
main_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。